FXで軽視できないのはチャート。すでに私の中にも浸透しています

FXで軽視できないのはチャート。すでに私の中にも浸透しています

FXで軽視できないのはチャート。すでに私の中にも浸透しています

FXで軽視できないのはチャート。すでに私の中にも浸透しています

 

7月23日。午前11時24分。朝に降っていた雨は上がり静かになったと思ったら、今度はせみの声がするようになりました。雨の次はせみの出番です か。夏しか聞けない声なので鑑賞したいですね。今しか味わえない夏の風物詩を大事にしながらの相場観察も素敵です。東京株式市場がスタートしたとき、安値 圏にいた豪ドル円が徐々に高値に近づいてきました。レートの勢いも活発になってきて、理想的な点滅具合です。

 

あまり点滅が大人しいとポジションを持ってもすぐに売れない可能性が高いので、早く売りたい人にとっては不向きです。もうかなり昔に知った話です が、チャートを全く見ないでレートの点滅だけで勝負しているトレーダーがいるみたいです。それで大丈夫なのかと思ったけど、勝てているそうです。こんな個 性的な売買で生き残っている凄腕トレーダーがいるという事実に感動。独自のやり方で勝っている人はすごいって思うし、私では真似できないですよ。FXの世 界では多くの人がポジションを持つときにチャートを活用しています。チャートを開いてエントリー方法を解説する動画もあるくらいですので、どれだけ大事な ツールなのかがわかります。

 

さらに個人でやっているブログを見ると、チャートが載せてあって、どこでエントリーしたかを詳しく説明しているものもあります。それを見る度、FX はチャートがあってこその世界なんだと感じます。私は会社の画面にログインしたら、チャートを真っ先に開きます。初心者の頃はレートをじろじろ見ることか らスタートしていたのに、今は意識せずともチャート優先です。どれだけ自分の中にチャートが染み込んでいるのかを実感する毎日です。取り引きツールではパ ソコンの他にスマートフォンが登場してから便利になりましたね。いつでもどこでもスマートフォンを片手に取引出来るようになりました。パソコンでやっているようにチャートが見れますが、画面が小さいためにはっきりとは見れないというデメリットがあります。チャートを考えるとやっぱりパソコンです。


ホーム