MT4業者の良い所と悪い所を探るブログ

MT4業者の良い所と悪い所を探るブログ

MT4を使ってスワップポイントで稼いでいく方法とは何か

MT4業者の良い所と悪い所を探るブログ

 

スワップポイントはスワップ金利といわれているものであり、政策金利の低い国の通貨を売り高金利の通貨を勝手保有しているときニューヨーク市場に引けを超えて保有し続けていれば、1日分の金利差をもらえるといった仕組みになっていて、国内だと一時期豪ドル円やニュージーランド円など高金利の資源国通貨ペアの取引でこうしたスワップポイントがたくさん稼げるようになっていて人気を呼びましたが、その後資源国通貨は徐々に利下げに踏み切ったことや通貨自体下落基調の状況に陥り、スワップポイントを得ても買いで保有していくことによる通貨自体の下落リスクのほうが大きくなったことで、スワップ金利で稼ぐことがとても難しくなる時期が長く続くことになったわけです。

 

そして、同様に金利が高い新興国通貨も米国のQE3終焉を受け、大幅に価格が下落したことなどで安易にスワップポイントをとるために売買をすることができない状況が続いています。そして、最近はまたこうした取引が注目されていて、きっかけとしてNZドルの大幅上昇があって、これまで中国経済の状況の影響を受けてきた同国の通貨が大きく上昇するようになったといったことがあります。

 

そして過去数回にわたる利上げも大きな支えになってきてNZドルを中心にスワップポイントで稼いでいくという視点での取引が活発化したわけです。そして豪ドルは当面金利の上昇はみこめませんが、安定して他国より高い金利維持をしていることで、ユーロの動きが不安定な中、消去法的に選択されるようになって、スワップ狙いの通貨ペアとしてとても注目されています。

 

 

自分の欲との闘い

MT4業者の良い所と悪い所を探るブログ

 

私が投資に関しては興味を持ち始めたのは、20歳の時です。当時はMT4か株かどっちにしようか悩んでいたので、バーチャルトレードを両方試してみた結果、MT4で資産を増やす事を決めました。

 

なぜかと言うと、手持ちの資産が少なかったので株よりもMT4の方が効率が良いと思ったからです。早速口座開設をして現金を口座に預けリアルマネーでトレードを開始しました。バーチャルで練習した分、調子が良く思った以上のスピードで資産が増えてきました。しかし資産が増えていくにつれ、損切りのポイントや利益確定のポイントを決めていた以上の無理のあるポイントで決済したり、余力を考えず無理のあるロットで短期売買に手を着けたりして、気がつけば資産が減っていました。

 

資産が減ってはまた1からルール通りに運用しては、元金以上になったら無理のあるトレードを繰り返し、何度も同じ失敗を繰り返しました。この時にバーチャルトレードとリアルトレードの大きな違いは、メンタル面への影響力でした。いかに自分の欲や焦りを抑えて冷静な取引ができるかどうかが収支を安定させるポイントだということを気づきました。現在では収支は安定していますが、当時の経験を活かして言える事は、インターネットでよく言われているMT4初心者はバーチャルトレードを体験していたほうが良いと言う情報はあまり個人的にはオススメしません。

 

投資に興味を持ったら、しっかり取り組む前に勉強して自分の資産で緊張感のあるトレードを経験していた方が後々役に立つことでしょう。

 

 

MT4を使ったトレンドフォロー戦略

MT4業者の良い所と悪い所を探るブログ

 

数多くの人が参加するFX相場において、安定的に利益を上げるためには他の参加者と違う手法で取引を行わなければなりません。ゼロサムゲームであり、参加者の8割以上が損を出しているという調査結果があるFX相場では、大多数の人と同じ手法で取引を行っていると損を出す8割の人になってしまいます。
私は、一般的には使われていない指標を用いることによって、利益を上げています。

 

私の戦略は、MT4のADX指標とアリゲーター指標を使います。MT4自体は多くの投資家が利用する取引ツールですが、ADX指標とアリゲーター指標は人気がありません。なぜなら、アリゲーター指標はチャートが複雑になるため使いづらく、MT4に搭載されているADXは計算式が特殊になっているからです。しかし、逆にその点が他の参加者と違うオリジナリティーがある戦略になるのです。

 

上昇トレンドの場合を考えます。まずはアリゲーター指標に注目します。この指標では三つの移動平均線を使用しますが、この設定が重要です。一つ目を短期の移動平均線、二つ目を中期の移動平均線、三つ目を長期の移動平均線に設定します。適切なタイミングになると、変化が早い短期の移動平均線が変化の遅い長期の移動平均線よりも下にある状態から、まったく逆に変化が早い短期の移動平均線が変化の遅い長期の移動平均線よりも上に移動するのです。ここがトレンド変換のタイミングです。

 

そして、その状態でADXを確認します。ADXが30以上で、+DIが-DIを上にクロスオーバーしていれば上昇トレンドがあると判断します。MT4のADXが用いている計算式では、通常のADXより早く反応する傾向があるため、他の参加者に先だって上昇トレンドを判断できるのです。ここまで確認できれば、あとはエントリーするだけです。そのまま上昇を続け、大きな利益をもたらしてくれます。将来的には、MT4のExpert Advisorにこの手法を組み込み、システム化することが目標です。

 

 

MT4との出会いが私のFXを変えました

MT4業者の良い所と悪い所を探るブログ

 

FXをやり始めて3年目、ややマンネリを感じ始めていた頃のことでした。たまたま会った人から、チャートソフトは何を使っているかを問われたのです。その人は、会社勤めをしてはいるものの、ほとんどの収入はFXトレードでの収益です。しかも、会社では管理職ですので、時間的拘束も厳しく、FXに投入できる時間は、そんなには潤沢にとれないはずなのに、私から見れば驚くような成果をあげている人でした。

 

彼の話によると、FXトレードにおいては、使用するチャートソフトによって成績が大きく左右される、というのです。それほどチャートソフトは重要な位置付けにあると語っていました。「弘法筆を選ばず」という言葉がありますが、実際には、一流の書道家と言われている人は、相応の筆を使っています。貧弱な筆で文字を書いたのでは、せっかくの才能を発揮することができません。FXもそのとおりだというのです。

 

FX取引の優れたセンスやスキルを持っていたとしても、高機能のチャートソフトを使えなければ、好結果は期待できないと断言していました。そんな彼が推奨したのは、MT4です。日本語に対応している点で、使い勝手が非常にいいです。チャート機能の高度さには舌を巻きました。また、標準のテクニカル指標も完璧です。さらに、複数の通貨、時間軸のチャートを画面に幾つも並べることができるので、私のように、マルチディスプレイ環境でやっている者には利用しやすいです。

 

MT4の最も強調すべき魅力は、標準で自動売買の機能を装備している点です。最初からついているロジックは、至ってシンプルなものですが、これだけでも、相当な収益を上げることができました。もちろん、いまでは自分なりにカスタマイズして、より精度の高いものになったと自負いたしております。MT4を取り入れたおかげで、格段に稼ぎが増えたこともありがたかったのですが、時間を短縮できたことも、大きな喜びです。自分の時間を持つことができましたので、趣味も存分に楽しんでます。こんな高機能に恵まれたMT4が完全無料なのですから、FXをやるなら、使わない手はありません。

スプレッドをおろそかにしてはいけない。業者選びから慎重に

 

7月23日。現在14時。前日に質の良い睡眠がとれたため、きょうはばっちりです。お昼過ぎになると睡魔が襲ってくるのですが、今日はそれがないので楽です。2日連続雨で、今日は午後から晴れました。日差しが強くなく、風が気持ちいいために冷房付けなくても快適に過ごせます。冷房は気持ちがいいけど長時間あたり過ぎると体が自然な力を失い、疲れやすくなってしまいます。相場観察のとき集中力を高めようと思ったら冷房をかけすぎないほうがいいです。

 

現在の相場の様子です。クロス円は小動きです。東京時間は小動きになることが多く、トレンドが出ることが少ないため、取引としては細かい値幅を抜くスキャルピングに向いています。スキャルピングをする時に影響が出るのがスプレッド。ポジションを持った時からスプレッド分の損からスタート。2銭の場合、1000通貨だと20円マイナスからスタート。少額だと感覚が鈍って大したことがないと感じてしまうかもしれませんが、それが1万通貨となると200円の損です。1万通貨でエントリーして注文画面に-200と表示されたらびっくりしてしまいます。とても大したことないとは思えません。

 

スキャルピングをする時にはスプレッドが大事という事で、低スプレッドを提供しているところを調べてお得な会社に開く必要があります。そこを軽く見てしまうと、後で後悔してしまいます。いくらスプレッドに不満を持ったからといっても、業者の決まりがあるのでスプレッドが変わることはありません。トレードするときに付き合っていくスプレッドは慎重に考えるべきです。お得なスプレッドを提供している会社では、GMOクリック証券、外為ドットコムがあります。

 

ここの2つの会社は米ドル円のスプレッドが0.3銭とお得です。1銭が10円ならこちらはたったの3円です。すごいと思いませんか?こういうところからおろそかにしないで真剣に考えるべきです。あと、欲を出すなら注文機能が使いやすい業者がいいですね。私的にはワンクリック注文が出来る業者は素晴らしいと思います。

続きを読む≫ 2015/12/08 08:00:08

車の運転をしているときのように常に真剣。それがFXで大事なこと

 

7月22日。現在15時30分。本日の東京時間は、豪ドル円だけが上下に振れる動きをしました。10時30分に発表された豪州物価指数の市場予想に届かない結果と、RBA総裁の発言が原因。それによって豪ドル円は、92円手前から91.21まで下落して91.80まで反発しています。非常にボラの高い動きをしたことがチャートを見て読み取れます。トレードしなくてよかった。日々の相場観察やトレードって車の運転をしているときと同じように真剣でなくてはいけません。

 

真剣な運転は自分の命を守り、人の命も守ります。車の運転は命がかかっていますね。トレードは、自分の生活に関係のあるお金を取り扱う作業です。多くが余剰資金でやっているとは思うけど、貴重なお金なので真剣になってやる必要があります。トレードの中ではお金が命です。理想なのは命がけのトレードです。命がけと聞くと、ハイレバレッジで全力勝負を考えた方がいるとすれば意味が違います。大事な資産を守るために無駄なエントリーは減らし、リスク管理をする。さらにめちゃくちゃなポジション量はやめて、普通の量で真面目に取り組むという意味です。負けたからといって、ロット数をあげるのはよくありません。

 

また負ければ、さらにロット数をあげないと負けを取り戻せなくなってしまいます。どんな場合も一定量でいきましょう。それが一番安全です。また、チャートを見る目から真剣でなくてはいけません。笑いながらチャートを見て、値動きを面白がっていては駄目です。見ているときに考えるべきことは、この後どう動くか予測を立てる。すべての時間足を見て戦略を立てる。これが大事です。本番で取引する自信がない場合は、デモトレードを使ってエントリーします。上手く行っても失敗しても何かを学び取るような気持ちで真剣に行います。

 

気づいたことは、紙に書き留めたり、携帯に書き留めるなどして次回に活かしましょう。FXは努力が報われない世界だと言われていますが、私は取り組み方で結果が変わると思います。一生懸命やっても報われない場合があるかもしれませんが、真面目にやらなかったら絶対に報われません。だから報われたいなら真剣さが必要なのです。

続きを読む≫ 2015/12/08 07:59:08

FXの評判は誰かに聞くより自分で試してみたほうが分かりやすい

 

FXのことを稼げることができる投資方法なのかと、FXトレーダーはわりとよく顔なじみの人に聞かれると思いますがそのときに両手を広げて稼げる投資方法だよと言い切れないとおもいます。たとえ自らがFXトレーダーとして利益を上げていたとしてもそれを、他人い大して無責任に儲けることができる投資と断言できないように思えます。なのでFXが必要以上にリスクが叫ばれているのもそのような懸念材料が必要以上触れ回っている結果なのかももしかしたらしれません。やはり誰だって他人においしい情報を与えたいわけではなくて、お金のリスクがあることをむやみやたらに勧めたくはありません。

 

なので、FXが儲かることができるかどうか聞かれても、どうしてもネガティブな答えをいってしまうのかもしれません。それでは、FXをしたいと今後考えている場合はどのようにしてその表の評判ではなくて、実際の評判を聞くことができるのでしょうか。実はその方法は他人を通してはやはりどうやってもありえないと思います。そのわけはというと、誰かに評判をきくとどうしても伝聞になりますので、誰かの私情をはさみきっかけになってしまい、自分が同じことをしたときにえられる心情とは異なる結果が伝えられることになります。

 

それではFXのリスクを、設けられるかを始める前に尋ねることはあまり意味がなくて、やはり自分自身が少なくてもそこに資金を投入することでわかるものなのでしょうと思います。FXにもありとあらゆる投資方法にはなにより自分との相性というものがあり、自分に合っているか合わないかはやってみないとどうにもこうにも永遠にわからないものです。なので、本当に儲けられているFXトレーダーは他人にFXを紹介するということは実際にあまりなくて、FXトレーダーになって自分がその投資方法を確かめるしかないのだと思います。誰だって自分の腹を痛めたくないし始める前にその評判を信じたいところですが、やはり自分がやらなければ気づかないことはきっとあるんだと思います。

続きを読む≫ 2015/12/08 07:58:08

NZ円のポジションの結果待ち。トルコリラ円の1時間足は連続大陰線

 

7月20日。今日は海の日。祝日だというのに何処にも出かけずに家でゆっくり過ごしました。東京時間は動かない覚悟でまったりと相場観察を行い、現在夜の8時30分、夜の相場観察では高い集中力を発揮できています。クーラーが付いた涼しい部屋でやっているので、スタミナが持続しやすい。気を付けているのが、ずーっとつけっぱなしではなく、夕方と寝る時には切るようにしていること。

 

クーラーの生活にメリハリをつけることで、自律神経が乱れずに快適に過ごせます。相場を見る場合も、これと一緒でメリハリをつけましょう。動かない相場は、じっと見ていると疲れてしまいます。諦めて別の時間に見るなど工夫が大切です。東京時間が動かない場合、欧州時間にしよう、ニューヨーク時間にしよう!と候補を絞れば集中力が持続しやすいのでおすすめです。また、動くであろう指標発表の時間に絞るのもありです。

 

デモトレードで先ほどニュージーランドドル円のポジションを持ちました。結果はまだ出ていませんが理想の方向には動いていません。すぐに利益を出すつもりで持ったのに確実に15分以上保有しています。5分足を見ると間隔が狭いレンジになっていたことで上方向のブレイクを期待して持ったのですが、力尽きています。これは、もうすぐ損切りにあいそうな予感。損切りになった位置から再挑戦してみるのもありかな。もう一度拾い直して、利益を出すというより損失を少しでも埋めてあげる。こんなやり方を考えていますが、まだ損切りになると決まったわけではありません。

 

チャートを見ると小動きしてるから、結果はもう少し先になるかな。入ってきたニュースをその間にチェック。トルコ南部の国境近くで、テロと思われる爆発があったそうです。トルコ?と思い、トルコリラ円の5分足を見たところ下降トレンドになっています。もしかして、影響が出たのかな?しかも1時間足は連続大陰線で傾きがすごい。強い下降トレンドです。だけど、絶対にトレードしないと決めている通貨なので素通りです。

続きを読む≫ 2015/12/08 07:58:08

初心者でも勝てる!FX取引きは売りが肝心

 

FX取引きを始める方が増えています、一番の理由はやはり少額の資金でも始めることが出来る手軽さにあります、ですから初心者トレーダーも多いのがFXの特徴となっています、トレード自体は外国のお金を買って高くなったら売る、逆に売りから入ることもできるのがFXの特徴になっています、少額でもできる秘密はレバレッジにあります、レバレッジは取引き資金を25倍まで増やして取引きすることが可能になっています、ですから証拠金が10000円でも250000円分の取引きが可能になるわけです。

 

そんなFXですが、初心者でも稼ぐことは可能です、現にサイドビジネスとして余剰資金で取引きを行ないながらこつこつ稼いでいる方はたくさんいらっしゃいます。もちろん誰でも儲かるというわけではありません、それなりの勝ち方を自分なりに見つけることが大事なことです、まず初心者の場合は売るタイミングが大事になってきます、初心者の場合タイミング良く買うことができてもなかなか売れないことが多く、売りのタイミングを逃してしまうことが非常に多いようです。

 

なぜ売れないか?それは人間ならではの心情にあります、もう少し待てばまだ上がるかもしれない、そう思ってしまうことで売りのタイミングを逃してしまうわけです、要するに欲が出てしまうことによる失敗というわけです、こういった失敗を防ぐためには最初からいくらまで上がったら売るボーダーラインを決めてしまうことです、そして自動取引として売り設定してしまえば欲望に左右されることなく機械的に取引きすることができるというわけです。

 

為替レートはずっと上がりつづけることは決してありません、基本的に上下に波打ちながらトレンドが形成されますので、どこかでも見切りをつけることが成功への近道です。初心者でなくとも熟練したプロのトレーダーであっても最大利益を出すことは困難です、ですから中小の利益を積み重ねることがベストの取り引き方法と言えます。

続きを読む≫ 2015/12/08 07:57:08

FXで軽視できないのはチャート。すでに私の中にも浸透しています

 

7月23日。午前11時24分。朝に降っていた雨は上がり静かになったと思ったら、今度はせみの声がするようになりました。雨の次はせみの出番ですか。夏しか聞けない声なので鑑賞したいですね。今しか味わえない夏の風物詩を大事にしながらの相場観察も素敵です。東京株式市場がスタートしたとき、安値圏にいた豪ドル円が徐々に高値に近づいてきました。レートの勢いも活発になってきて、理想的な点滅具合です。

 

あまり点滅が大人しいとポジションを持ってもすぐに売れない可能性が高いので、早く売りたい人にとっては不向きです。もうかなり昔に知った話ですが、チャートを全く見ないでレートの点滅だけで勝負しているトレーダーがいるみたいです。それで大丈夫なのかと思ったけど、勝てているそうです。こんな個性的な売買で生き残っている凄腕トレーダーがいるという事実に感動。独自のやり方で勝っている人はすごいって思うし、私では真似できないですよ。FXの世界では多くの人がポジションを持つときにチャートを活用しています。チャートを開いてエントリー方法を解説する動画もあるくらいですので、どれだけ大事なツールなのかがわかります。

 

さらに個人でやっているブログを見ると、チャートが載せてあって、どこでエントリーしたかを詳しく説明しているものもあります。それを見る度、FXはチャートがあってこその世界なんだと感じます。私は会社の画面にログインしたら、チャートを真っ先に開きます。初心者の頃はレートをじろじろ見ることからスタートしていたのに、今は意識せずともチャート優先です。どれだけ自分の中にチャートが染み込んでいるのかを実感する毎日です。取り引きツールではパソコンの他にスマートフォンが登場してから便利になりましたね。いつでもどこでもスマートフォンを片手に取引出来るようになりました。パソコンでやっているようにチャートが見れますが、画面が小さいためにはっきりとは見れないというデメリットがあります。チャートを考えるとやっぱりパソコンです。

続きを読む≫ 2015/12/08 07:57:08

7月21日。クロス円のニューヨーク時間の様子

 

7月21日。ニューヨーク時間になりました。欧州時間からのユーロ買戻しの流れが現在も続いています。その他の通貨は小動きです。これからは米ドル円が動きそうかなぁと思って指標カレンダーをチェックすると、本日のニューヨーク時間は指標発表がありません。これは動かないかもしれない。1時間足の米ドル円は、上昇トレンドになっていますが勢いが弱い感じがするので、買うのは様子見です。

 

先ほどユーロ円のチャートを開いてみたら、日足はレンジになっているんだけど規則性のない形状で断念。注目は何処まで買われるかですね。ポンド円の動きに少しだけ変化が見られました。ロンドン時間では193.20辺りにいたのに、現在は193.48まで上昇しています。少しずつですが本日の高値に近づこうとしています。だけど、高値まで40PIPSも離れています。ポンド円は一旦動き出せばかなりの値幅を生む通貨なので、高値更新に至ることも無理ではないのかなと思います。それが米ドル円だったら無理かと思うけど、ポンド円ならもしかしたら。観察していると、ポンド円とは逆の動きをしている通貨を発見。

 

豪ドル円です。夜8時過ぎには91.70辺りにいたのに、今は若干円高が進んで91.60まで下押し。安値圏から反発してくるポンド円と高値圏で頑張れずに下がってくる豪ドル円。対照的な値動きですね。そしてユーロ円は欧州時間からずっと頑張っている。現在の米ドル円は124.38。本日の高値は124.47なんですが、近づく気配がありません。影響を受ける指標がないから、それは動かないよね。今、米ドル円の値幅を確認してびっくりしました。22PIPSしかありません。

 

それに対し、ニュージーランドドル円はきのうに引き続き80PIPSも値幅があります。きのうはもっとあって1円近い値幅でした。この高いボラを作り出したのは、キーNZ首相の発言。NZドルは予想よりも早く下落した!と、通貨高牽制のトーンが緩んだような発言をしたことで買い戻されて前日の東京時間に上昇したのです。

続きを読む≫ 2015/12/08 07:56:08

外国為替証拠金取引の魅力はまだまだ出てくる。

 

それではFXという取引にはいったいどんないいところがあるのでしょうか。実はこの取引には、他のどんな金融商品にもないメリットというものが多々あるのです。FXという言葉はもう聞き慣れたものですが、そのメリットはと言えば、なかなかすべてを理解している人は少ないのが現状ではないでしょうか。まず、こうした取引であまり気づかないことなのですが、取引手数料というものがありますね。どんな取引にもこの手数料はついてくるものです。あまりにもその額が小さいので、気にもとめないという人は多い。でも、それも積もりに積もればけっこうな額になってしまうもの。

 

たとえば、外貨預金などに比べてFXではこの手数料が安いことがあげらえます。外貨預金ではこの手数料が大変不利になってしまうこともあるのですね。手数料が高ければ、それだけ収益を出すのが難しいと言えますから。でも、FXならば外貨預金よりも安い手数料で済んでしまうのです。それから、FX取引というものは、少ない資金から取引に参加することができることも大きな魅力です。この資金は証拠金と言ってますが、それほど高額でなく、FX取引業者にもよりますが、だいたい1万円程度から取引に参加できる。だからこそ、この取引は誰にでも手軽に始められるといわれているのですね。

 

たとえば、株をやろうとした場合、数えきれないほどの会社の中からどの株を買うか選ばなくてはいけない。当然、闇雲に買うわけにはいきませんから、一々調べなければなりませんね。でもFXならばいくつかの通貨を抑えておけばそれで充分に取引が可能です。円、ドル、ユーロなど、普段から耳にしてるような通貨ですね。ですからFXを始めるのは比較的簡単なのではないでしょうか。

 

FXのメリットを語るとき、忘れてはいけないものは、やっぱり24時間取引可能というものではないでしょうか。FX取引は世界中でいつでも取引されていますので、四六時中できる取引として有名です。この時間に制限がなくできるという特権から、忙しい人でも空いたわずかな時間で取引に参加できるのです。また、少ない資金でも大きな取引ができることもFXの魅力です。これはレバレッジをかけることによって実現できるものですね。少ないお金で成功すれば大きな金額がゲットできる。まさにFXの醍醐味と言える。しかし、このレバレッジにはリスクもありますから、その辺はよく考えて行なう方がいいですね。

続きを読む≫ 2015/11/20 09:32:20

スワップポイントに着目して高金利通貨での金利獲得は

 

スワップポイントに着目し高金利通貨での金利をしっかり獲得したいなら、取引通貨ペアのスワップポイントの高い業者を選択してみることが大事です。そして、豪ドル円1万円通貨でも1日のスワップポイントが85円以上のところもあれば45円以下のところも有ったりするということが現状であり、1か月の運用でかなりの差になってくるところもあります。そしてスプレッドと別に有利な業者を選択していくことが必要です。

 

さらに、新興国通貨と通貨ペアを利用してみたり、ドルストレートでいろいろな通貨ペアを利用してみたりしていきたいとかんがえていくとき、通貨ペアの設定の多い業者を選択していくといったことが大事です。そして国内で最大160種類以上の通貨ペアを提供する外資系証券会社もあり、基本的な14~15種類だけを提供する店頭FX業者もあって、その選択によっては利益機会が大きく異なってくることが予想されています。

 

そして、最近はやっているシストレなどサービスを提供するような業者かどうかといったことも判断用として当然かんがえられて、最初からシストレを実施するということなら、ある程度FXに習熟してから選択肢として取っておくこともいい方法です。そしてこうして自分がどういった取引をしていくかにより、かなり業者選択のポイントが変わります。そして、モバイルブロードバンドの発展と高機能デバイスの急激普及でFX取引もPC以外ににスマートフォンで取引していくということが当たり前の状況になっています。

続きを読む≫ 2015/04/22 07:38:22

MT4業者はどうやって選択をするべきかについて

 

国内に実に80社以上のFX業者があって、それぞれ多様なサービスキャンペーンを展開していて選択に迷っている方もおいでしょう。ですが基本的にどういった取引をしていくかを前提にして選定していくことが大事になり、業者選定にあたりチェックして行く基本ポイントは、スプレッドの幅の狭さ、約定力、取引通貨単位、レバレッジ、スワップポイント、シストレなど新しいサービス提供レベルであり、この最低限の6つは比較検討項目で見ていくことがだいじですが、あくまで自分がどういった取引をするのかとに合わせ選んで見ることが大事です。

 

そしてまずは売買法で選択していくことが1つの視点であり、最近はやっているスキャルピングといったうすい利益をとって積み上げるような手法を中心にが売買していく時はスプレッドが狭く設定されている業者を利用してみた方がより短時間に確実に利益確保ができます。そして、それと同時に約定力の高い業者を選択して行くことが大事ですが、業者によってはスリップを起こして指定価格で売買できないといったことがあります。

 

ですから、表面上のスプレッドが狭くても約定力のあるところでなければスキャルピングのような手法に業者の選定は重要な要素となるわけです。そして、取引通貨単位も大事であり、1万通貨からしか取引できなければとても大きな証拠金を最初から必要としますが、千通貨単位からの取引ができるとなると総額10万円程度からの証拠金取引でも全く遜色なく売買ができるようになって、個人投資家にはこうした取引単位ベースで業者選択は大事なポイントです。

続きを読む≫ 2015/04/22 07:38:22

ホーム RSS購読 サイトマップ